イノベーションのロスタイム

新規事業創出に関わる30代中盤・元外資コンサルが、仕事とそれにからめた遊びの話をします。

DMMはビジネスモデルが無いことが強み?

DMMの新社長片桐氏が「DMMにはビジネスモデルがないことが強み」と定義しています。

logmi.jp

ビジネスモデルがあるとなにが問題なのか。でかい資本にすぐ負けちゃうんですよ。例えば、動画ビジネスをやろうと思っても、Netflixにはなかなか勝てません(笑)。ああいった、ビジネスモデルがはっきりしていて、かつカルチャーじゃない世界には、必ずジャイアンみたいなヤツがいる。だから、うまく市場を選ばないと絶対にうまくいかない。

 

ビジネスモデルが無いことの大前提とは

「ビジネスモデルがない」という記事タイトルはやや留保が必要な気がします。DMMはコンテンツ囲い込み&定額課金ですし。

記事を読むと、ビジネスモデルとして成立する以前に、カルチャーとして成立する必要があるという前提があるようです。

pixivも、この記事に出てくるnana(知りませんでした)も、イラストレーターやミュージシャンのネット上の一つの文化を形成している。コミュニティと言っていいかもしれません。

「マネタイズポイントが明確になる前に、カルチャー(ネット文化)として成立する」

「カルチャーとして定着すれば、一定のユーザー数と利用率が保たれ、マネタイズが見えてくる」

「そしてカルチャーは資本で模倣することできず、競合脅威がない」

この3段階をもって、片桐社長は「ビジネスモデルがないがゆえに強い」という表現をされているのだと思います。

 

f:id:kenshopro:20170128153247p:plain

「カルチャー」をめぐる覇権争い

そう考えると、今後のアプリやネットサービスは「カルチャーをめぐる覇権争い」に巻き込まれているといえるでしょう。単なるユーザーの課題解決やアンメットニーズの充足なんていうビジネスでは、すぐに模倣がなされてしまう。

しかし、カルチャー化したサービス、すなわちそれが生きるうえで当たり前でなくてはならない文化になってしまったサービスは強いです。

なぜなら、ユーザーのロックインが経済的インセンティブ以上のものでなされているから。コミュニティへの忠誠心とか、いわゆる愛着というものは家族と一緒で、合理的に同じ人を連れてこられたからと言ってそちらに乗り換えるという判断は普通しないからです。

 

pixivでコミュニティを兼ねたビジネスを運営してきた片桐氏らしい発想だと思います。

次にどんなサービスが登場するのか、今後のDMMは目が離せないですね~